レストラン・カフェマップ


より大きな地図で ラオスルアンパバーン中心地地図 を表示

*上記グーグルマップの下記にある「ラオスルアンパバーン中心地図」のリンクをクリックして画面を大きくしてみて下さい。
左側にある店名をクリックすると、右にその場所がポップアップされます。

いくつかの食事ができる場所、レストラン、カフェを紹介します。

ローカルフード通り

夜に何を食べようか迷ったり、アジアの雰囲気を味わいたい、ちょっと節約したいっていうときにぴったりなのがローカルフード通り。
場所は、ナイトマーケットが始まるアンシエンタルホテルのすぐ横の道。

テイクアウト可能な惣菜、つまみ食いできるちょっとしたおかずやデザート、がっつりとした食事も格安で楽しめます。

目玉は、一皿10000kip(約100円)のビュッフェ。
何種類もあるおかずやご飯類を一皿分、盛れるだけ盛れます!
野菜だけを食べたいってときや、炭水化物をがっつり食べたいなんてときいいですよ。

ホテルやゲストハウスの部屋で食べたいなんてときも、ここでテイクアウトすると便利。

ラオスのローカルフード通りの食べ放題画像

モン市場

メインストリートの郵便局、ツーリストインフォメーション事務所がある交差点にある市場。
市場と言っても、サンドウィッチ屋の露店が並んでいるようにしか見えません。
ここではボリュームたっぷりなサンドウィッチとフレッシュなシェーク、ジュースが楽しめます。

ラオスのモン市場のサンドウィッチ屋画像

朝市

ホテルやゲストハウスの朝食に飽きたり、現地のローカルな朝食を楽しみたいなら朝市をやっている「Morning Market Street」へ。
通りの途中には、麺屋やつまみ食いにぴったりなものがちょこちょこ売っています。

ラオスの朝市画像

JOMA

なんといっても数少ない冷房が効いているカフェ。
パン、軽食など楽しめます。
2階もあり、Wifi-Freeです。

ラオスのJOMA画像

アンシエンタルホテルのカフェ

なんといっても立地が最高のカフェ。
Wifi-Freeですし、待ち合わせにもいいでしょう。

ラオスのアンシエンタルホテルのカフェ画像

ブルーラグーン

ルアンパバーンで最も人気のあるレストランのひとつ。
ちょっとおしゃれにリッチな気分になりたいときにぴったり。
ローカルフードもおしゃれにおいしく出てきます。
スタッフのサービスもしっかりしています。

おかゆ

アジアの食べ物やストレスで胃袋が疲れた時にぴったりなのがおかゆ。
朝の早い時間帯だけオープンしているのがワット・マイ横の露店。
郵便局とツーリストインフォメーション事務所の交差点をメコン川沿いに行った突き当りの左側にあるローカルフードの奥2件でもおかゆあります。

ラオスのおかゆ画像

麺屋

歩いていれば、たいてい麺の屋台があります。
露店の場合、できれば早めの時間帯がいいでしょう。
日本のテレビで紹介されて、日本語のボードが店頭に置いてあるのが麺屋⑤。
夜に麺を食べたい場合、アンシエントキリカフェ(ワット・シェントーン近く)、デリラ(郵便局そば)とかで食べれます。

ラオスの麺屋画像